ミニマルスタイルの採用におけるモダンな地図作成

実生活のなかで利用されている地図は、きちんと詳細を表記しておくことが支持されやすい地図で、事実に基づいた正確さと、見た目のユニークさも必要時には必要になります。

シンプルでミニマルなデザインを取り入れることで、正確でユニークな地図を作成しやすくなる可能性があります。機能性とデザイン性を兼ね備えることで、見た目の美しさだけでなく、理解しやすい地図を作成することが可能となるのではないでしょうか。

例えば、シンプルでスタイリッシュにまとめた、ロンドンの中心部の地図があるとすると、ネガティブスペースとミニマルな図形を利用することで、地図に描かれた重要なポイントに直接、視線を集めることができます。

また、ニューヨークの街並みをシンプルな形と、ミニマルな配色で統一した地図では、水の部分がネガティブ・スペースとなり、すっきりとした見た目を実現することが出来るのではないでしょうか。

複雑なシェイプを組み合わせた、世界地図を作成するのは大変かもしれませんが、大きなブロックの塊と、4つの配色のみで描かれた地図は、わたしたちの知っている知識とうまく結びつけやすくなっています。

 

遠近感を活用してデザインする

新しいアイデアを制作に取り入れる方法のひとつとして、遠近感をデザインの中でも意識してみてはいかがでしょうか。地図は平面的に描かれるのが一般的ですが、遠近感をデザインに加えることで、何気ないデザインを特別なものに仕上げてくれます。

例えば、カラフルな光沢感を、3Dによるアプローチで実現し、よりポップで高級感のある見た目に仕上げたり、また別の例では遠近感覚が狂ってしまい、まるでめまいを起こしそうな、ハイブリッド型の地図デザインなど、ユニークなデザインの地図も存在します。